BOOKS
2017/5/11
チップチューンのすべて All About Chiptuneーーゲーム機から生まれた新しい音楽
田中治久(hally)

チップチューンのすべて All About Chiptuneーーゲーム機から生まれた新しい音楽
Published: 2017/5/11
Price: 2,200+tax jp yen
ISBN 9784416616215
「order」のリンクより(株)誠文堂新光社サイトのオンラインショッピングをご利用いただけます。送料やお支払いについての詳しい情報は、同サイトの案内に従ってください。




 「ファミコンやゲームボーイの音楽。あるいは、それら風の音楽」

 誰にでも分かるように「チップチューンとは何か」を説明するとしたら、まずはこんな表現になるだろう。あの安っぽくて懐かしい1980~90年代初頭のゲーム音楽から、テイストをそのまま持ってきた、あるいは主要素としてとり入れた音楽のことである。そういった音楽が、現在ではゲームのBGMという枠を超え、より幅広い表現の場で作られ、聴かれるようになっている。レトロゲーム機(風)の音楽なのに、ゲーム音楽ではない──という不思議なものを形容するための言葉。それが「チップチューン」なのである。(本文より)  

 アーケードゲームやファミコン、ゲームボーイなど、現在ではレトロゲームと呼ばれるゲーム機の内蔵音源チップから誕生した音楽ジャンル「チップチューン(Chiptune)」。本書は、その誕生にはじまり、黎明期の状況、国内外の現役のアーティストたちの活動など、自身もチップアーティストとして活躍する著者が、膨大な資料と関係者への取材をもとに綴る初の書籍。長年にわたり総括されることのなかったチップチューンをゲーム音楽史の観点から再評価するとともに、広くは日本のビデオゲームカルチャーの変遷を振り返る。

装丁・デザイン:山田和寛(nipponia)

仕様:A5、並製、336ページ

定価:本体2,200円+税(税込2,376円)

発行:誠文堂新光社

ISBN978-4-416-61621-5

_____________________________________________________________

【著者略歴】

田中治久(hally)

ゲーム音楽史/ゲーム史研究家。90年代より国内初のネットレーベル「カミシモレコーズ」を主宰し、自身もチップアーティストとして楽曲制作やライブ活動を開始する。2000年代には個人サイト「VORC」を始動、チップチューンやゲーム音楽についての執筆をはじめ、国内における第一人者として知られる。2012年からはチップチューンの情報サイト「CHIP UNION」の創設に協力するなど、新世代のリスナーにむけてチップチューンや8bitカルチャーの魅力を発信し続けている。

Twitter:@hallyvorc

*新ブログ「VORCuration」スタート!

_____________________________________________________________

【目次】

序章:チップチューンとは何なのか

第1章:前史 Ⅰ:黎明期のコンピュータ音楽

 Ⅱ:デジタルゲーム音楽

 Ⅲ:音源チップ

第2章:チップチューンの成立

 Ⅰ:海外編

 Ⅱ:国内編

第3章:モダン・チップチューン

 Ⅰ:トラッカー

 Ⅱ:エミュレータ

 Ⅲ:ダンス・ウィズ・チップス

 Ⅳ:モダン・チップチューン

第4章:アーティストインタビュー

 ヒゲドライバーOmodakaKplecraftSaitoneSEXY-SYNTHESIZER

 USKTORIENAQuarta330YMCKGoto80Bit Shifter

よみもの.comにてWEB連載公開中!】

第1回 チップチューンとはなにか?

第2回 アーティスト・インタビュー vol.1 ヒゲドライバー

第3回 アーティスト・インタビュー vol.2 Omodaka

第4回 アーティスト・インタビュー vol.3 Kuske(Kplecraft)

第5回 アーティスト・インタビュー vol.4 Saitone

第6回 アーティスト・インタビュー vol.5 SEXY-SYNTHESIZER

第7回 アーティスト・インタビュー vol.6  除村武志(YMCK)

第8回 アーティスト・インタビュー vol.7 USK

第9回 アーティスト・インタビュー vol.8 Quarta330

_____________________________________________________________

【プレスリリース ダウンロード】