BOOKS
2019年12月
牧野伊三夫 イラストレーションの仕事と体験記 1987-2019 椰子の木とウィスキー,郷愁
牧野伊三夫

牧野伊三夫 イラストレーションの仕事と体験記 1987-2019 椰子の木とウィスキー,郷愁
Published: 2019年12月
Price: 13000+tax jp yen
ISBN 9784416718407
「order」のリンクより(株)誠文堂新光社サイトのオンラインショッピングをご利用いただけます。送料やお支払いについての詳しい情報は、同サイトの案内に従ってください。




書籍装画や雑誌挿絵,広告など,多岐にわたり活躍する画家・牧野伊三夫。その30年以上にわたる仕事をまとめた初のイラストレーション作品集。デザイナーや編集者,さらには作家や広告クライアントなど,関係者とのエピソードをまとめたエッセイも約20篇収録。グラフィックデザイナーとしてキャリアをスタートさせた牧野ならではの思考とアプローチを,約1,000点に及ぶ仕事の集積に見るアーカイブス。

AD:有山達也 デザイン:有山達也+中本ちはる(アリヤマデザインストア)

 

【著者略歴】
牧野 伊三夫(まきの・いさお)
画家。1964年,福岡県北九州市生まれ。多摩美術大学グラフィック・デザイン科卒業後,広告制作会社サン・アドにグラフィックデザイナーとして入社。1992年に退社し,画業を開始する。以降,現在まで30年以上にわたり,書籍挿画や雑誌の挿絵,広告などで活躍。HBギャラリー,月光荘画材店等での個展多数。2012,13,17年東京ADC賞受賞。1999年,美術同人誌「四月と十月」を創刊。故郷である北九州市情報誌「雲のうえ」,飛騨産業広報誌「飛騨」の編集委員。近著に『かぼちゃを塩で煮る』(幻冬舎),『画家のむだ歩き』(中央公論新社),『僕は,太陽をのむ』(港の人)など。酒好き,風呂好き,料理好き。

【書籍情報】
書籍名:牧野伊三夫 イラストレーションの仕事と体験記 1987-2019    椰子の木とウィスキー,郷愁
著者名:牧野伊三夫
定価:本体13000円+税
判型:B5判
仕様・ページ数:並製糸かがり製本・896頁
ISBN978-4-416-71840-7
全国書店/WEB書店にて発売中