2020.06.16
GUCCIMAZE「MAZE」


国内外でインディペンデントに活躍し,『アイデア』388号特集「オンライン・ポートフォリオの現在にも登場したグラフィックデザイナー/アーティスト,GUCCIMAZEのアートワークを一望できる世界初の個展が開催される。

見る人を惑わせ迷宮へと誘うような作風でグラフィック界に旋風を巻き起こしてきたGUCCIMAZE。彼のアートワークの特徴である,鋭利なラインのレタリング,メタリックで立体的なタイポグラフィ,そして奇抜で毒々しさを感じる配色はAcid Graphicsの潮流を牽引する存在として,世界中から熱い視線が注がれている。
本展では,過去3年間に制作されたグラフィック作品やアパレル作品を展示するとともに,新たに制作された作品も発表される。注目すべき新作は,各界で活躍する気鋭のクリエイターたちとのコラボレーションワーク。彫刻家・KOTARO YAMADA,イラストレーター・上岡拓也が参加し,平面のみならず立体にも挑戦。それぞれのアイデンティティを掛け合わせながら,新たな表現の可能性が切り拓かれる。

さらに,ネオン管の光で演出する立体作品や,拡張現実に巨大立体作品が浮かび上がるAR技術を使った作品も発表されるほか,Tシャツやステッカー,これまでのアートワークを再編集したアートブック(8月上旬発売予定)などの関連グッズも販売される。

会期:2020年6月20日(土)- 10月13日(火)
会場:DIESEL ART GALLERY(東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti DIESEL SHIBUYA B1F)
時間:11:30-20:00(変更になる場合がございます。詳しくは公式サイト・SNSをご確認ください。)
入場:無料
休廊:不定休
www.diesel.co.jp/art

AR技術協力:KAKUCHO 株式会社
協賛:株式会社 八紘美術


GUCCIMAZE(グッチメイズ)
グラフィックデザイナー/アーティスト。
1989年,神奈川県生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒。デザイン制作会社勤務を経て,2018年独立。
東京を拠点に国内外へアートワークを発信し,数々のアーティストやブランドとのコラボレーションを展開している。鋭さと硬質さを感じる立体的なフォルムのタイポグラフィ,鮮やかでありながら毒々しさが漂う配色といった,独自のスタイルでグラフィック作品を制作。またグラフィックデザイナーとして,ブランドロゴやエディトリアルデザイン,ウェブサイトなどのデザイン制作も手掛けている。
主な作品に,Fetty Wap,Post Maloneへのグラフィック提供,USラッパーのNicki Minajのアルバムのジャケット制作,Flying Lotusのアルバムタイトルロゴ制作等がある。またRed Bullの#RedBullCanArtコンペティションの審査員を務めるほか,Budweiserのイベントビジュアル,Adidasのプロモーションビジュアル制作など,グローバル企業とのコラボレーションを実現。媒体を問わず,音楽やファッションのカルチャーシーンを巻き込んだクリエイションを行っている。
www.yutakawaguchi.com
www.instagram.com/guccimaze