IDEA magazine011
1955/5

IDEA No.011
Published: 1955/5
soldout
「order」のリンクより(株)誠文堂新光社サイトのオンラインショッピングをご利用いただけます。送料やお支払いについての詳しい情報は、同サイトの案内に従ってください。




表紙デザイン:大橋正

一生涯の仕事 杉浦非水
チューリッヒのデザイン教育 大智浩
博覧会構成案の実例 長谷川一郎
グラフィック集団・第二回展 伊藤幸作
アルナー 編集部
タブローと商業美術:菅沼金六、宮永岳彦 高橋錦吉
巣立つデザイナー 編集部
松坂屋百貨店 宮永岳彦
ハリス・チューインガム 大智浩
広告展望車 金丸重嶺、宮山峻
Poememo 宇留河泰呂
PRに対する偶感 坂本晃
広告効果の測定は難ずかしい 津田勳
代議士の選挙演説 大橋静雄
ドンチョウ物語 早川良雄
観光宣伝の旅 栗谷川健一
円と三角の個性 宮山峻
販売促進法としての景品つき政策を探ぐる プリンターズ・インク
後記

大橋正
1916年,京都生まれ。東京高等工芸学校図案科(現・千葉大学工学部)卒業。大丸百貨店,電通を経て1945年よりフリーランスのデザイナーとなる。キッコーマン醤油,月星ゴム,明治製菓などのデザイン顧問として,アートディレクション,デザイン,イラストレーションを制作した。1950年から手掛けたキッコーマンの仕事は大橋が世を去るまで48年間続いた。1998年没。