IDEA magazine083
1967/7
グラフィック・アート USA


編集者:坂本登
美術構成:大智浩
表紙デザイン:大智浩


〈特集1〉グラフィック・アート USA
開拓精神の健康性 植村鷹千代
グラフィック・アートUSA展のパッケージ・デザイン 今竹みどり
ルネ・マグリット――そのイラストレーションへの影響 日向あき子
ガイヤールなイラストレーター,ブレーク・ハンプトン
グラフィック・デザインにおける機能とその表現 アントン・スタンコウスキー
絵本のための美術技法 ダイアナ・クレミン

〈特集2〉モントリオール万国博のデザイン 平沢志郎
デザイン教育者,バンス・ジョンソンの一面 西尾忠久
’67年度グラフィックデザイン卒業制作誌上展 大智浩
here & there


大智浩
1908年,岡山生まれ。東京美術学校図案家卒。「アイデア」の初代アート・ディレクター。キリン・レモン,出光興産などのCI,パッケージデザインで活躍する一方,日本の初期デザイン業界屈指の国際人として啓蒙,教育活動に力を注いだ。東京教育大,金沢美術工芸大をはじめ多くの学校で教鞭を執った。「シンボルとマークのデザイン」「ザ・ポスター」をはじめ著書多数。1974年没。