IDEA magazine164
1981/1
ニューヨーク・タイプ・ディレクターズ26回展


表紙デザイン:片山利弘

[特集]ニューヨーク・タイプ・ディレクターズ26回展 ウィリアム・ストリーバー、ジョン・リューク、神田昭夫、蟹瀬行雄
オランダのデザイナー、コワルケとスティエンストラ ヘルマン・フンベルト
グレン・アキラ・イワサキ 五十嵐威暢
マルテ・ロウリングと新聞のイラストレーション 綿野茂
イスラエルのグラフィック・デザイナー、デイビッド・タータコーバー 虎新一郎、インタビュアー:ボニイ・ボクサー
南アフリカのイラストレーター、ノーマン・カトリーヌ クリス・リンダー、ロッド・ダイヤー、浜野安宏
複合商業施設[ステップ]のサイン・デザイン 黒川雅之、浜野安宏
ジャパン・スタイル展 中村善郎
スペインのイラストレーター、ラモン・ゴンザレス・テハ
片山利弘の世界 亀倉雄策
片山利弘に聞く インタビュアー:石原義久
二科展”ビジュアル・デザイン部門”作品集

片山利弘
1928年,大阪生まれ。独学でアートとデザインを学ぶ。1963年に,スイスのガイギー社のアート・ディレクターとなる。その後,ハーバード大学のカーペンター視覚芸術センターから招聘を受け渡米。同センターで教育およびデザイン製作に携わる。現在は,建築空間におけるランドスケープ・デザイン,彫刻,絵画などの芸術作品の創造に意欲を示しており,ハーバード大学ライシャワー日本研究所の実践グラフィックデザイン科の名誉教授を務める。