IDEA magazine265
1997/9
ユーモア表現の変遷 −アナログデザインの真骨頂−

IDEA No.265
Published: 1997/9
soldout
「order」のリンクより(株)誠文堂新光社サイトのオンラインショッピングをご利用いただけます。送料やお支払いについての詳しい情報は、同サイトの案内に従ってください。




表紙デザイン:レイモン・サヴィニヤック

特集:ユーモア表現の変遷 −アナログデザインの真骨頂− テキスト:アラン・ヴェイユ、監修:松本瑠樹、企画・構成:編集部
連載:エレメンツ−リ・エレメンツ パート12(最終回) 伊藤桂司→大竹伸朗
勝見勝 没後十五年、デザインプロデューサーの役割 テキスト:編集部
江並直美 −表現の振幅 インタビュー:編集部
ウルトラバロック メキシコの土俗が育んだユニークな宗教的グラフィックス テキスト・写真:小野一郎
第8回ショーモン国際ポスターフェスティバル
崩壊、そして再生「アドバタイジング・アート史展Ⅱ1991-1995(Re-の時代)」にみる21世紀広告への潮流
IDEA Talks vol. 5: 佐藤晃一 インタビュー:編集部
ニュース&インフォメーション、展覧会案内、ブックレビュー、掲載者一覧

レイモン・サヴィニャック
1907年,パリ生まれ。フランスを代表するポスター作家。35年にカッサンドルの助手として働き始める。49年「牛乳石鹸」のポスターで一躍有名に。以後,BIC,エール・フランス,ダンロップ,ペプシ・コーラなどフランス国内外の会社のために多くのポスターを手がけた。日本では森永チョコレート,豊島園プール,サントリーなどに作品を提供している。2002年没。