IDEA magazine276
1999/9
Hideki Nakajima -exquisite restraint issue

IDEA No.276
Published: 1999/9
Price: 2,771+tax jp yen soldout
「order」のリンクより(株)誠文堂新光社サイトのオンラインショッピングをご利用いただけます。送料やお支払いについての詳しい情報は、同サイトの案内に従ってください。




巻頭特集: 中島英樹ー美しき抑圧エディトリアル ミュージックパッケージ,ポスターなど代表作から最新作まで徹底紹介32ページ/特集2: ミュージックパッケージに見るネクストスタンダードの予感 -147のレコード+CDジャケットから次代を考察/ディラン・ケンドルによる幾何学と情感のハイブリッド空間/葛西薫/ユーモアはポスターを解放したかーサヴィニヤック他/連載ー横尾忠則の原ビジョン/連載綴じ込み付録: 大竹伸朗両面ポスター

中島英樹 – 美しき抑圧エディトリアル

ミュージックパッケージ,ポスターなど代表作から最新作まで徹底紹介32ページ
『CUT』誌上や坂本龍一関連のアートワークなどでバシバシとその存在感を見せつけてきた中島英樹。今回は中島英樹本人に,デザインに向かったきっかけとなった体験や,どのようなスタンスで制作を続けているのかなど,本音をゆっくり語ってもらった。

276-1

ミュージックパッケージに見るネクストスタンダードの予感

147のレコード + CDジャケットから次代を考察
いつの時代もレコードジャケットはデザインの今を知る最も適当な媒体であった。
ティーンエイジファンクラブ,プラシーボ,マニック・ストリート・プリチャーズ,オービタル,シー&ケイク,オウテカ,サン・エレクトリック,エイフェックス・ツイン,CJボーランド,プラッド,など,ロックやエレクトロニカの代表選手たちのジャケを取りあげて,90年代の果てに見えたデザインの現在形を検証する。

276-2

ディラン・ケンドルによる幾何学と情感のハイブリッド空間

tomatoに在籍した時期を経て独立したディラン・ケンドルが制作している,抽象的で幾何学的イメージを頻繁に用いたビデオ作品を紹介する。

276-3

葛西薫 ”手掛かり”

ユナイテッドアローズやサントリー烏龍茶の宣伝,大竹伸朗や内田春菊の本の装丁などで,葛西薫は,”気持ちいい感じ”をそのままデザインにして見せてくれる。作品同様優しく心地よい葛西氏の言葉と共に,彼の最近の作品を見ていく。

276-4

連載:横尾忠則 – デザインの原ヴィジョン

時代の流れと共に変化を続ける横尾忠則のデザイン表現。その源となる原風景のまた変化続けている。横尾忠則は今現在,何に心を動かされ,何にデザインの源をみているのか,その動きリアルタイムで追っていく。

大竹伸朗 連載綴じ込みポスター

表紙デザイン:ディラン・ケンドル
Camberwellでグラフィック・デザインを専攻し,94年に卒業。95年Tomatoに参加。Levi’s USAやNike Europeの広告キャンペーンをはじめとする数多くのCM,『トレインスポッティング』のタイトル・シークエンスを担当した。96年にTomatoを離れた後も,Levi’s Europeの印刷物,BBCやLevi’sのマルチメディア・プロジェクトのクリエイティブ顧問,Irving Welshの『The Acid House』など,メディアの枠を越えた活動を続けている。