IDEA magazine346
2011/5
羽良多平吉 イエス・アイ・スィー

IDEA No.346
Published: 2011/5
Price: 3,143+tax jp yen soldout
「order」のリンクより(株)誠文堂新光社サイトのオンラインショッピングをご利用いただけます。送料やお支払いについての詳しい情報は、同サイトの案内に従ってください。




特集:羽良多平吉 イエス・アイ・スィー

特別寄稿:松岡正剛,高山宏,井上陽水,石川セリ,細野晴臣,鋤田正義,宇野亞喜良,吉増剛造,いしかわじゅん,久米泰弘,片岡朗,中島英樹,松田行正,鈴木成一,立花文穂,伊勢克也,有山達也,祖父江慎,戸田ツトム,府川充男ほか

「ウレシイ編輯,タノシイ設計」をキーワードに,書籍や雑誌を中心に活動するエディトリアルデ ザイナー,羽良多平吉。その魔術的ともいえるイメージ編集やタイポグラフィ感覚,補色を活かした彩色術による唯一無二のデザインを展開し,多くのファンを 魅了してきた。本特集では羽良多の40年以上にわたる活動をジャンルごとに紹介。本人および関係者のコメントなども提示することで,その活動の全体像や時 代背景,羽良多自身の人物像を浮かび上がらせる。

お詫びと訂正

羽良多は書物のデザインを「装幀」や「ブックデザイン」ではなく,「いれもの」であると同時に「すがた」も意味する「容」を用いて「書容設計」と呼ぶ。そして素材やツールの存在論をとらえる「点國」「フォンタジー」といった造語を照準器として用いることで,書物のかたちと理(ことわり)をよりそわせる。

70代後半から『HEAVEN』『遊』や初期YMOのヴィジュアルなどで展開したニューウェーブ感覚あふれるグラフィック。80年代以降の書容設計における多彩な組版。90年代中頃以降の実験的なデジタルグラフィック。そして近年におけるモダニズムや「白」「マージナル・ゾーン」の再検討。

本特集では羽良多のこのような40年以上にわたる活動の全体像を紹介する。と同時に,本人および関係者のコメントを通じて,羽良多がヴィジュアルに媒介してきた70年代以降の諸文化コンテクストを浮かび上がらせる。

羽良多平吉という存在の「いとなみ」と「たしなみ」に迫る総特集!!

スタディ・イン・ホワイト 2011
構成・デザイン:羽良多平吉

idea346_hQ_hQ1

--@-idea-PP.12_13,outlined

--@-idea-PP.10-11

I 書容設計
1 稲垣足穂の書物

idea346_hQ_p032-33_taruho

idea346_hQ_p42-43_taruho

2 点國フォンタジィ

idea346_hQ_p58-59_yoshimasu

idea346_hQ_p60-61_caos

idea346_hQ_p72-73_t-rex

3 ウレシイ編輯,タノシイ設計

idea346_hQ_p94-95_france

idea346_hQ_p116-117_hi-Quarat

idea346_hQ_p101-102_greenbench

*『Green Bench』に対する著者コメント
『Green Bench』は,真夏のテニスコートで,母親が久々に再会した娘と息子のラリーを眺めているシーンではじまる戯曲です。羽良多さんの装丁は,母親の狂気を 抽出した色彩のバーコードでした。黄色,ピンク,青,紫,緑――,色を速く見させる加速感はあるのに,痛烈に静止している。そして,内容を見事に内包して いるけれど,内容の説明は一切していない――,17年を経た今見ても,目を見張るしかない装丁です。
柳美里(作家)
4 マンガ・マニエラ

idea346_hQ_p128-129_manga

II グラフィック・ニューウェイブ
1 演劇のイマージュ

idea346_hQ_p152-153_engeki

2 音と像

ウェブ版特別コンテンツとして,2003年に行われた展示「点国ドライヴ」の会場曲を含めた,音楽家Aricoによる音楽ファイルをダウンロードできます。アイデア346号と合わせてお聴き下さい。Arico特設ページ

idea346_hQ_p168_177_ymo

idea346_hQ_p184-185_yosui

III 虹色科學の時代

idea346_hQ_p197-thumb-532x403-1607

idea346_hQ_p198-199_heaven

idea346_hQ_p204-205_rainbow

idea346_hQ_p226-227_zenuchushi

IV hQノート
1 hQ序説
2 hQ氏のこと
3 hQアーカイブ
4 インタビュー

idea346_hQ_IV