IDEA No.365 : From the 80s to the 80s 現代におけるエイティーズ新解釈

Published: 2014/06   Price: 2,829+tax jp yen
[Order]    [amazon.co.jp]

From the 80s to the 80s 現代におけるエイティーズ新解釈

1990年代末頃からの音楽におけるエイティーズ・リヴァイヴァルからしばらく間を置いて、2000年代後半からイラストレーションにも本格的にエイティーズの波がやってきた。しかし、1980年代のイラストといって連想する二大潮流「ヘタうま」と「スーパーリアル・イラストレーション」が復興しているのではなく、現代の参照先は「キャラクター」と「アニメ絵」にある。とくにサンリオをはじめとするキャラクターや魔女っ子アニメといった、女の子がメインターゲットの作品だ。本特集では、それらの傾向を感じさせつつも、実際の1980年代には存在しない独自のイラストレーションを生み出す8人を紹介する。なぜいま求められる表現にエイティーズを感じさせるものが多いのか、作品を見ながら検証したい。


山根慶丈(MEMO)
せきやゆりえ
REO*spikee
菱沼彩子
F* Kaori
ステレオテニス
おのしのぶ
ancco

エイティーズ・リヴァイヴァル史再訪
文・ばるぼら

more details...

小豆島にみる日本の未来のつくり方

Published: 2014/05   Price: 2,000+tax jp yen
[Order]    [amazon.co.jp]

『小豆島にみる日本の未来のつくり方―瀬戸内国際芸術祭 2013 小豆島 醤の郷+坂手港プロジェクト「観光から関係へ」プロジェクト』
編 椿昇,原田祐馬,多田智美
A5判,並製,224ページ
定価2,000円(税別)

刊行を記念したイベントを2014年6月15日(日)に本屋B&B(東京)で、2014年6月27日(金)にスタンダードブックストア心斎橋(大阪)開催します。

〈内容紹介〉
2013年に行われた瀬戸内国際芸術祭をきっかけに,アートやデザインによって持続可能な社会づくりを模索している「小豆島 醤の郷+坂手港プロジェクト」。本プロジェクトには島外から若い世代のクリエイターが参加し、戸惑い、模索しながらも地元の行政や住民たちと一体となってさまざまな試みを行っている。本書は,その構想から実践と検証,長期的なビジョンを記録・発信することで,日本各地で起こりうる社会的な問題を解決するためのヒントを提示するドキュメントブック。具体的なプロジェクトの解説をはじめ、各クリエイターがどのような思いで取り組み、変化しながら遂行したのかを、当事者による座談会や客観的な視点で綴られた寄稿により伝えている。さらに、芸術祭が終了したあとも続いていくプロジェクトとして、ディレクターの椿昇と企画運営を担う原田祐馬、多田智美によって今後の展望が語られている。
人口分布や産業,地形といった観点から現代日本の縮図といえる小豆島での取り組みは,行政や教育,各種団体・活動の運営者など,さまざまな立場で地域社会に関わる人へ新たな指針を示している。

more details...

20世紀エディトリアル・オデッセイ

Published: 2014/04   Price: 2,500+tax jp yen
[Order]    [amazon.co.jp]

20世紀エディトリアル・オデッセイ 時代を創った雑誌たち
赤田祐一+ばるぼら
B5,並製,224ページ,フルカラー
定価2,500円(税別)

2014年7月5日(土)に代官山蔦屋書店で著者のトークイベントを開催します。

数多くの雑誌を蒐集し,雑誌をとりまく文化にも詳しい著者が,20世紀に刊行した雑誌のなかから,独自の切り口とビジュアルで多くの読者に支持さ れ,他のメディアにも影響を与えた雑誌を選び解説する。制作に携わった関係者の証言や関連する雑誌も紹介し,いかにしてそれらの雑誌が作られ,読者や他の 雑誌へと広がりを見せたのかがわかる構成となっている。たとえば,現在では約60万人を動員する同人誌即売会「コミックマーケット」の創成期に作られた同 人誌やパンク・ニューウェイヴといった音楽から生まれた現象を反映し,当時の空気をいまに伝える雑誌などをビジュアルとともに紹介。その他,特筆すべき雑 誌のコラムや表紙一覧,20世紀の雑誌年表も収録し,雑誌の魅力をあますことなく伝える一冊。

『ホール・アース・カタログ』/プリンテッド・パンクス/キャッチ・ザ・ニューウェイヴ/バック・トゥ・ザ・フィフティーズ/実験雑誌としての『ア ンアン』/『ワンダーランド』と『宝島』/大伴昌司と内田勝の視覚革命/コミックマーケット創成期と同人誌/米澤嘉博の書物迷宮/雑誌曼荼羅 1901→2000/20世紀雑誌年表

【コラム】『MAD』から始まったアメリカ・パロディマガジンの影響/『JAM』/『ロッキング・オン』/『遊』/『NOW』/『新宿プレイマップ』/花森安治と『婦人の生活』シリーズ/『TAU』/コンピュータ雑誌/『ガロ』と『COM』の功績』/『ウィークエンド・スーパー』『写真時代』──セルフ出版の時代/三流エロ劇画御三家『漫画大快楽』『劇画アリス』『漫画エロジェニカ』

表紙ジャケット画像(1.16MB,921×1317px)
※書評等にご利用下さい。

more details...

グラフィック文化を築いた13人

Published: 2014/02   Price: 1,400+tax jp yen
[Order]    [amazon.co.jp]

2014年2月21日発売

『アイデア』デザイナーインタビュー選集 グラフィック文化を築いた13人
編 アイデア編集部
新書判(105×175mm),並製,432ページ

登場デザイナー(掲載順):葛西薫、服部一成、有山達也、山口信博、松本弦人、平野甲賀、羽良多平吉、松田行正、仲條正義、北川一成、宮田識、浅葉克己、寄藤文平

葛西薫、服部一成、有山達也、羽良多平吉、仲條正義など、『アイデア』で特集した13人のグラフィックデザイナーのインタビュー集。
2005〜2012年に『アイデア』で特集し、数々の実績を残している13人のグラフィックデザイナーのインタビューをまとめた書籍。弊誌ならではの長時間におよぶインタビューにより、幼年期から学生時代、下積み時代、現在に至るまでのデザイナーとしての歩み、デザインに対する考え方などが語られている。デザインが大きく動いた時代に、彼らはいかにしてグラフィックデザイナーとして大成したのかだろうか。主な仕事のビジュアルも掲載し、言葉とビジュアルによって個人史をたどりながら、時代背景も伝わる内容となっている。グラフィックデザイナーを目ざす学生や若いデザイナーをはじめ、ものづくりに関わるすべての人に捧げる一冊。

ブックデザイン:白井敬尚形成事務所

more details...

本質的なもの

Published: 2013/11   Price: 2,000+tax jp yen
[Order]    [amazon.co.jp]

エミール・ルーダー:本質的なもの
時代を超越したタイポグラフィの巨匠による1950年代の4講演
エミール・ルーダー 著
A4変型,上製,80ページ,モノクロ
定価2,000円(本体)

英訳:ロイ・コール
和訳:雨宮郁江,室賀清徳
デザイン:ヘルムート・シュミット,ニコール・シュミット

スイス・タイポグラフィの巨匠エミール・ルーダー(1914-1970)が雑誌に発表してきたデザイン論「本質的なもの」シリーズの翻訳。「平面」「線」「言葉」「リズム」の各テーマからタイポグラフィと造形の関係を考察する。不朽の論文シリーズ,待望の邦訳。

著者について
1914年生まれ。タイポグラファ,教師。戦後のスイスを舞台にリズムと緊張に満ちた斬新なタイポグラフィで国際的な影響力を発揮した。バーゼル工芸専門学校で行った独創的な教育活動のもと多くの教え子を輩出,後に「バーゼル派」と呼ばれることになるタイポグラフィの流れを形成した。またスイスの印刷専門誌「TM」への寄稿を通じ同時代のタイポグラフファ,デザイナーに強い影響を及ぼした。ルーダーが1967年に著したデザインの教科書『タイポグラフィ』は現代の古典書として,いまなお多くの読者に読み継がれている。

書店様向けにPOPと店内ポスター用のデータをご用意いたしました。ご自由にご使用ください。
『本質的なもの』POP用データ(PDF)
『本質的なもの』ポスター用データ(PDF)※チラシサイズでの印刷も可能です

more details...

日本字フリースタイル・コンプリート

Published: 2013/08   Price: 2,000+tax jp yen
[Order]    [amazon.co.jp]

日本字フリースタイル・コンプリート-たのしい描き文字2100
稲田茂 著

A5,並製,464ページ,モノクロ
定価2,000円(本体)

解説:藤本健太郎
デザイン:大原大次郎
編集協力:大野麻里
協力:稲田千絵,有限会社六歌仙

more details...