IDEA No.370 : 思想とデザイン

Published: 2015/07   Price: 2,829+tax jp yen
[Order]    [amazon.co.jp]

2015年6月10日発売
特集:思想とデザイン

思想を人に伝えるためには,なんらかの素材や形に定着させなければならない。したがって思想は無形のものとしては存在しえず,インターフェイスとしての書物とそのデザインに大きく規定されてきた。またメディアの広がりとともに,思想は活字ではなく音や図像も含めた空間のなかに展開されるようになってきた。時代と共に移り変わってきた思想とデザインの関係に,気鋭の若手研究者,評論家とともに切り込む特集。
企画とアートディレクションは,現在,美術・建築・人文系をはじめとする幅広い領域で活躍するデザイナー・加藤賢策(ラボラトリーズ)が担当。


マクルーハンのメディアデザイン 
文|門林岳史


1960-|拡張するメディアと思想
視覚的ペーパーバックの実験|ポケットの中のカウンターカルチャー|絵詞エディトリアル─横尾・粟津の本|杉浦康平の文体─①,杉浦康平の文体─②

実験的ペーパーバックを再解釈する
─インヴェントリー・ブックスの挑戦

インタビュー|アダム・マイケル(project projects)


1980-|横断と解体
GS/たのしい知識|ニューアカデミズム|NYの『GS』としての『ZONE』|ポストモダンとテキスト実験

思想するデザイナー 
インタビュー|戸田ツトム

1990-2000年代における批評/建築/情報技術のトライアングル 
文|南後由和

『GS』漂流─1982-1988 
インタビュー|荻原富雄


2000-|ネットワークの彼岸
ゼロ年代批評同人誌マトリクス(文|入江哲朗+峰尾俊彦)|インターネット以降のリアリティと新しい書き手|ゴシック体の風景

ゼロ年代の思想とデザイン 
文|入江哲朗

批評空間のデザインと実践 
インタビュー|東浩紀


寄稿
紙と思想の接触面─日本思想誌クロニクル 文|山本貴光
批評/メディア/マテリアル試論 193510 文|大澤聡



『 Atlas of the Functional City』をめぐって─地図の現代的な役割とは?
座談会 蓑原敬×中島直人×藤村龍至×刈谷悠三


《連載1》インフォグラフィックスの潮流 第5回

《連載2》イエローページ 第5回

《連載3》ばるぼら×野中モモ 
日本のZINEについて知ってることすべて 第3回


エルメスの'発想の実験室'
「p etit h」における服部一成の空間デザイン
 
インタビュー|服部一成


別冊付録 『球体』6号


ウェブ通販サイト
誠文堂新光社7net楽天ブックスブックサービス(取寄せ)紀伊國屋書店e-hon

more details...

タイポグラフィ・トゥデイ

Published: 2015/08   Price: 3,800+tax jp yen
[Order]    [amazon.co.jp]

タイポグラフィ・トゥデイ 増補新装版

ヘルムート・シュミット 編著
A4変、上製、200ページ
定価:本体3800円+税

『タイポグラフィ・トゥデイ』は、1980年、ヘルムート・シュミットの編集・デザインにより、アイデア誌の別冊として誕生した。
その後、81年に書籍として再発行、2003年に新版、2007年に第2版が刊行された。
本書はさらなる改訂を加え、造本仕様を改めた増補新装版である。

「本書が同時代的要素を組み込んだり、作品を入れ替えたりしても本質的に変わらないのは、演奏するプレイヤーやアレンジが変化しても、テーマやコードの構造において曲の同一性が保たれているのと同じ理由からだ。
また、全体の構造を後景に、収録された作品群を前景に見れば、本書は形、音、意味によるタイポグラフィの韻律が響き合う詩歌集となるだろう。」
(「『タイポグラフィ・トゥデイ』を聴く」より)

tt-hc-06-alt.jpg
tt-hc-02-alt.jpg

more details...

IDEA DOCUMENT 欧文書体デザインの世界

Published: 2015/04   Price: 3,000+tax jp yen
[Order]    [amazon.co.jp]

アイデア編集部 編
A4変,並製,374ページ
定価:本体3000円+税

2000年以降にデザイン誌「アイデア」で掲載された欧文書体デザイン関連の特集記事約20本を、約350ページにわたる大ボリュームで採録したコンピレーション。80年代以降のデジタル技術革新にはじまって高度かつ多様な発展を見せてきた欧文書体デザインの世界を、各プロジェクトの詳細な解説、タイプデザイナーへのインタビューや研究者による論考を通じて紹介。

(目次)
ロビン・キンロス「新しいタイポグラフィの主役たち 近年のフォント革命がもたらしたもの」/ジャン=フランソワ・ポルシェ「パリの表情を変えるデザイナー」/「フレット・スメイイェルス:手彫りの活字からデジタル書体まで」/小林章「オリジナリティと改刻」/「アンドレ・バルディンガ-:実験書体の系譜」/レットエラー「ツイン・シティーズ 都市を表象する書体」/フランソワ・ラッポ「ディド・エルダー 復刻書体のハードコア」/マシュー・カーター「イェール大学専用書体プロジェクト」/「タイプファウンダリー・トゥデイ」/アンドレス・ヤンザー「フリッシェ・シュリフテン/フレッシュ・タイプ」/「フェドラ:書体開発の現代性と歴史性の、いま」/インタビュー立野竜一「ピルエット:カリグラフィの習練に基づいた書体デザイン」/「マシュー・カーターに聞く:活字設計のこころ」/シビル・ハグマン「再発見されたW・A・ドゥイギンズの実験書体」/ポール・バーンズ「イギリスの新聞"Guardian"の専用書体:その制作のプロセス 2003-2005年」/イエン・ライナム「Heft, Gravy, and Swing:オズワルド・クーパー その生涯と時代」/イエン・ライナム「ジョン・ダウナーのデザイン:描き文字から活字書体まで」/ヘルムート・シュミット「サンセリフが最終段階というわけではない 国際的デザイナー・アーティスト・著述家カール・ゲルストナーの新しい著作と新しいタイプフェイス 」/「サンセリフ体の批評的展開 Replica, New Rail Alphabet, Neutral」/「FUSEの20年 着想から反物質へ」

more details...