IDEA No.343 : 山口信博/タイポグラフィの書窓から

特集 I:山口信博ー相即の形
グラフィックデザインを軸に活版印刷,折形デザイン研究所,俳句や古物蒐集におよぶ,デザイナー山口信博の活動と思考を探る。

特集II:タイポグラフィの書窓から
タイポグラフィ雑誌「TM」「オクタヴォ」,デザイナーや書体設計者が選ぶタイポグラフィ関連の書物,サンセリフ体開発の新たな動きなど,タイポグラフィを複数の視点で捉えた記事で構成。

カバーデザインにみるTM誌の展開

オクタヴォの軌跡ーリバイバルを超えて

タイポグラフィをめぐる書物ー34人の書棚から

サンセリフ体の批評的展開ーReplica, New Rail Alphabet, Neutral

お詫びと訂正

特集 I:山口信博ー相即の形
写真:島隆志(p.3-5, 22, 29, 35-37, 40-42)
グラフィックデザイナーの山口信博の活動は,デザインを軸に,日本古来の贈答の礼法である折形の研究,俳句,古物蒐集と多岐に渡る。それらは一見異なるようで,互いに影響し合い根底でつながっている。本特集は,山口のブックデザインによりそれらのつながりを探る試み。冒頭には,山口がデザインを手がけた本と制作過程や素材を,製本家の都筑晶絵がプロジェクトごとに手製の箱に納めた「十冊の本と箱」を掲載。インタビューでは,折形との出会いから強い影響を受けた叔父の話など,山口デザインの根幹を成す活動と思考を語る。

山口信博インタビュー
(聞き手:戸塚泰雄)

343_山口.jpg

343_山口_1.jpg

343_山口_2.jpg

343_山口_3.jpg


特集II:タイポグラフィの書窓から
タイポグラフィ雑誌「TM」「オクタヴォ」,デザイナーや書体設計者が選ぶタイポグラフィ関連の書物,サンセリフ体開発の新たな動きなど,タイポグラフィを複数の視点で捉えた記事で構成。

カバーデザインにみるTM誌の展開
スイスにおけるタイポグラフィの発展とともに歩み続ける「ティポグラフィシェ・モーナツブレッテル」誌,通称「TM」誌の歩みをカバーアートでたどる。

343_TM_1.jpg

343_TM_2.jpg

343_TM_3.jpg

343_TM_4.jpg


オクタヴォの軌跡ーリバイバルを超えて
1984年から2001年までロンドンを拠点に活動したデザイナー集団8vo(オクタヴォ)が全8回にわたり刊行したタイポグラフィ・ジャーナル「オクタヴォ」誌。丁寧なリサーチに基づいた誌面,技術の粋を凝らした印刷,視覚工学による緻密なデザインは,ひとつの「事件」だった。本記事では「オクタヴォ」各号の編集,デザインのプロセスを追いかけることで,同誌の背景にあったモダニズムの解釈をめぐる問題や,技術とメディア制作の関係を見る。
本文解説:マーク・ホルト,ヘミッシュ・ミュアー

343_8vo_1.jpg

343_8vo_2.jpg

343_8vo_3.jpg

343_8vo_4.jpg


タイポグラフィをめぐる書物ー34人の書棚から
表層的な議論に流されないタイポグラフィへの視座を確保する材料として,デザイナー,書体設計者,書体史研究者など,タイポグラフィと深く関わる 34人のブックリストを掲載。タイポグラフィへの理解を深めるものから個人的な契機となった書物まで,各者 10冊ずつ,さらにそのなかから 1冊(あるいは複数冊)を選び,解説してもらう。

343_書物_jpg

343_書物_2.jpg


サンセリフ体の批評的展開ーReplica, New Rail Alphabet, Neutral
HelveticaやUniversがサンセリフ体のゴールではない。サンセリフ体開発の新潮流を追う。
文・訳:古賀稔章

インフォメーション&ブック